熱海の商店街で食ったものまとめ

KJ指導研修中では、観光などは許されない。
ただひとつだけ、駅からホテルまでにある商店街は、空き時間にフラッと探検に行けた。


商店街とはよくあるこのようなアーケードもの、スタート!

2日目の昼、食事に出かけて、目についたのがこれ。大衆食堂のカレーライス
店のおばちゃんに何が美味しい?と尋ねると「カレーは美味いよ!」と即答したので、決定。やはり・・・凄く美味しかった。インドカレーばっかり食っていたので、余計に感激!これぞ、日本の味です。


これは、かまぼこのような揚げ物を、その場で立ち食い。僕はごぼう入りを。

途中で偶然会った、合田先生と一緒にぱくつく。

焼きたて手焼きせんべいを発見、海苔、一味、ぬれせんを購入。大好物!

凄いものを発見、なんと「あん無しまんじゅう」60円! 要するに、蒸しパン!?


最終日に食べた「三色丼」1,300円、駿河湾の生しらす、茹でしらす、桜えびの贅沢な丼。
これ、シンプルで最高に美味かった。
 


最後を飾るのは、2日目の昼に入った、まんじゅう屋さん「中村屋」。
この店のコンセプトには、驚いた。
 
なんと、まんじゅうを注文してから作るのだ。10分くらい待って、出来たての饅頭がさらに乗ってやってくる、そして、料理のようにいただくのだ。
 
僕には、とてもこのシステムが斬新に見えたのだ。
 
考えてみれば饅頭といえば、普通は、おりに入ったのを勝って来たりするものだが、このように、テーブルに座って注文して、おてふきで手を拭いて顔拭いて、お茶を飲んで待つ。
こんなに、饅頭ひとつに気持ちのこもった店は初めてだ。
さっそく、ご主人にそのことに関して伺うと、熱く語ってくれた。
 
「まんじゅう屋さんの常識を変えてもいいと思ったんですね。出来ているものは、実は皮が剥がれてしまったり、ふやけたりしてしまって美味しくないんです。気づいてくれてありがとうございます。」
と、逆にお礼を言われてしまいました。
 
出てきた饅頭を見てまず驚きました。
綺麗。カッコイイ。ふわふわ暖かく、生きているようです。思わず手でいい子いい子してしまいました。
左が、醤油まんじゅう、黒糖まんじゅう。


餅をあんこでつつんである「こがね餅」中村屋さんのメイン商品です。
美味い。
こがね餅


こちら最終日3日目に、再訪問した時に注文した、焼き餅の磯辺と黒蜜、たかが焼き餅と思いきや・・・
焼き餅の磯辺と黒蜜




 帰る時に、ご主人さんから丁寧に挨拶を頂きました。調子に乗って、「では、記念に一枚」とリクエスト。さらに、お見せのレジに入り込み記念写真。

ご主人、お付き合い、ありがとうございます。



コメント