要するに「みんなで笑ってジャンケンなんです」

修行から帰って来てすぐに、始めたことが2つあります。

それは、ニコ生での「塾超チャンネル」の開局。
6/12に帰って、コンセプトを一気に吐き出し、6/20には立ち上がった。

http://ch.nicovideo.jp/jukucho-ch

そして、塾超ジャンケン、じゃんけんはみんなが大好き!

すべてが、子供をとしては、普通ではやれないこと。
それを、すべて塾を超えてやるのだ。
テーマは、「学校なんて要らない」と設定。

今は、教育が出来ない学校なんて行く必要がない、行くだけ無駄。
学校崩壊してるところにどうしてわざわざ行く必要があるのだろうか?

実は、これはすべて、修行中の休憩時間中に頭の中で組み上げたもの。
その内容や、コンセプト、構成、演出まですべて組み上げた。

朝食、昼飯の休み時間に、”至高の時間”を創りだしていたのだ。
ただ、山をみて、鳥の声を聞きながら、モンキチョウを目で追いながら・・

人との接触、ネット関係、PC、書物、筆記など、すべてを100%シャットアウトして
の脳内クリエイティブファクトリーが毎日実施されたのだ。

これは異次元だった・・・12日間をダイジェストで!



そして、塾超ジャンケン!




12日間の修行から得たものは、アニッチャー(無常)の理解と、
塾を超えて何でもやれる未知の可能性がある「塾超チャンネル」だったのだ。

 これがいったい何なのか、答えはそのうちやってくるでしょう。
Anicca・・・


コメント