煮干中華ソバ イチカワ 列参加ドキュメント

いつも通る、筑波大学近くに、人気のラーメン屋があるという噂があった。
 
先日、たまたま昼近くの時間を通りかかったのだが、そこには、昼頃50人くらいの長蛇の列があった。

その後数回通りかかったのだが、何度見ても、長蛇は変わらない。
ところが、この日、11:30に通りかかった時に、車を1台だけ停められるスペースがあり、人数もちょっと少なめ? でも40人くらいはいるが。。

ここで意を決して、列の最後尾に並んでみた。もちろん、生まれてこの方、ラーメン如きにそんな列に並ぶなんてあり得なかった。この店を知ってからも、まさか並ぶとは思わなかった。
 
しかし、僕をそうさせたのは、このブログの記事だった。

なんと、ここのラーメン屋のご主人、完全に自分のしたいことを貫いて、質の追求をしている。そして、自分に出来る最高の事だけをして、本気で自分のラーメンを客に提供しているのだ。旨いラーメン屋は、みなそうだとは思うが、感覚的に、次元が違うように感じる。
 
異業種とはいえ、僕の塾にとても共通点が多いと勝手に感じてしまったのだ。

これは並ぶしかない、味を確かめてみたい!

11:30 まずこんな感じでスタート

12:00 少しは短くなったか?

12:30 まだまだ

12:45 もう少しで入り口付近に到達

13:00 中が見えた、中にも数人待っている

入り口での注意書き

13:10 中に入った。暖かい。

煮干しの匂いがプンプンしてくる。

13:15 着席 おお、煮干酢?

ダスター、これが後で意味を示す。

煮干ラーメン・黒醤油 では食べてみます!

煮玉子トッピング

ラーメン本体を半分くらい食べたら注文する、オリジナル「和え玉」

よく混ぜて先ほどの煮干酢を入れて混ぜる、またラーメンのスープに付けて食べる、
実は、この和え玉の発想と味にかなり感動した。
 

やはり、主人は本物だった、自信をもって作っている芸術品を楽しませて頂きました。

最後に驚きは、食べた人のほとんどがこのように自分のテーブルを掃除していくのだ。
食べて見ればその意味がよくわかる。心からごちそうさまでした。ありがとうございました。



コメント