朝起きるための”めざまし”ではない。。


朝起きるための”めざまし”ではない。。

昨日から始まった脳機能での朝6時の授業


「5分間めざまし授業」



脳機能空間の朝勉は開始して1年になるが、実は、試行錯誤を続けながらあらゆるプログラムを試してきた。



そして、これまでの指導経験から、脳にとって重要な物理的な環境(早朝効果)を元に、脳機能音源や、呼びかけ、心構えなどを発して来た。



そして、開始当初は、(一般にも公開していたにも関わらず)参加者が塾生に限られていたのが、30名→50名→70名と、受験間近でもないのに時には、今や100名近くまでなった。

現在、全国のKJ生を中心として、一般の参加者もかなり多くなって嬉しい。



そして、これからも、KJ生だろうが、外部の子だろうが、塾に行ってない子でも、行ってる子も、別け隔てなく「声かけ」をしていきたいのです。



この空間で朝勉をしている子供たちは、間違いなく最高の時間に、最高の勉強法で、効率よく勉強し、各自のレベルを上げてきている。


当たり前といえば当たり前だ。


身体が良い物を食べれば健康体になるのと同じように、考えられる限り、適切な時間帯に、良い学習法をすれば、それは脳にいいに決まっている。



そこで、前からおぼろげながら構想していたことが今現実的によぎった。


もし、この脳機能空間での約2時間の「朝勉」だけで、1日の全てができて、ただ、それだけで終了できれば、それはかなり理想的ではないか!?

現実的には、そう簡単にはいかなくとも、そういう意識をもって、朝勉をしてもらったらどんなに、この国の子供達が、良い方向に変わっていくことだろうか・・・・



それには、あと、「朝の授業」があればいい。なるべく短く誰にもわかるようなもの。

そして、インパクトのある授業。それを、そうだ朝6時にやるんだ!!



この思いつきが、朝の「脳機能プログラム」を一気に完成に近づけた。



この朝勉を、毎朝、一緒にやっていけば、自然に脳が活性化し学習効率はもちろん、全てにおいて最高の学習が出来てしまうのだ。



メディアの発達に、子供たちも知らず知らずのうちにのまれてしまい、生活は乱れ、人類自慢の脳をうまく使うこともなく、時間が過ぎ大人になっていく・・・これはかなりマズイことだ。



どうにかして、子供たちに気付いて欲しい。


人間としての特典を持って生まれてきたのだから、その大いなる特典の「人間脳」をフルに使うことに、早いうちに目覚めてほしい。その思いが、いつも僕の心からは消えない。
28年教え続けてこれたのも、きっとそういう気持ちを持ち続けたからだと思う。



そして、それがやっと自分の突き詰めてきたもので形になろうとしている。


人間として、誰もが持って生まれた、素晴らしい脳を呼び起こしたい。
単に、朝起きるための「めざまし」ではないのだ。



僕のしていることは、実は、子供たちを”朝起こす事”ではない。


子供たちや親が、本当の意味で目覚めるための「めざまし授業」なんだなと痛切に思っている。


ほとんどの子供たちが、夜遅く勉強している中、早起きして、自ら集まってくる子供たちは全国にもそう多くはいないだろう。だからこそ、来てくれた子供たちは僕にとってすごく大切。



一人でも多くの子供たちとその親が、この脳機能空間「めざまし授業」に早朝から集まってくれることを願っています。



脳機能「朝勉プログラム」





コメント: 1

#1
KJ西茨城 塾長 前鬼一憲 (水曜日, 29 10月 2014 11:38)
今年の1月から始まった朝の脳機能チャンネルですが、
今では70名〜100名の人たちが、朝の貴重な時間を共有して勉強している空間となってきました。

しかも、毎日、1日も欠かさず、朝5時から脳機能配信を行っている河原塾超の思いは、半端ないですね。

そして、昨日からは、5分間のワンポイント授業も始まり、
さらに脳機能朝勉プログラムもでき、

河原塾超の思いは、とどまることを知りません。
どんどん、子供たちをよい方向に導いていってくれています。

全国の子供たちが、本当に朝の大切さを知ってもらって、いっしょにこの脳機能空間で勉強していけたら嬉しいですね。

これからも、西茨城の子どもたちも、ご指導よろしくお願いします。

コメント